春分の日

一昨日のこの日、不忍BSやわめぞの関係者etc.の方々に混ぜていただき、K(かんから)ともどもNEGIさんのお宅へ大挙しておじゃました。

"本のために家を作った"ということはかねがね聞いており、あちこちから「すごい!」というウワサも耳にしていたけど、そうしたウワサに違わず、ホントに文字通り"本にかこまれている家"。天井をのぞけば、四方の壁の部分は上から下までほとんどが本棚。ザッと見ただけでもあらゆるジャンルの本があって、しかもちゃんと整理・分類されている。思わず、あちこちの棚に見入ってしまう。はたして何(千?万?)冊あるのか。

聞けば、設計の方とはかなり長期間にわたって打合せをされたとか。そうだよなぁ、これだけ大量の本をどうやってスッキリ収めて快適に暮らせる空間を作るのか、無限に解答がありそうで、それでいて難題だよなぁ。
大量の本とともに暮らさざるをえない人にとっては、このNEGI邸、何はともあれとにかく一見の価値はある。
ウチの場合も、リフォーム前にNEGIさん宅を見ていたらプランが変わったかも? とちょっと思ったりもしたけど、でもまぁよく考えてみれば、そんなこともない(できない)な。

この日、もうひとつのメインは、シェフでもあるNEGIさんによる手料理。次から次へと出される料理はどもれちょっとめずらしくて、しかも皆おいしい。キッチンから大皿に盛られて運ばれてくるたびに、皆さんが集まってそれぞれにスマホ持って撮影している姿が、妙に印象に残っている。
どなたかの差し入れである島根の大吟醸酒もふくめて、すっかりNEGIさんの料理とお宅に堪能した一日だった。

NEGIさん、どうもありがとうございました。


以下はちょっと宣伝。
仙台・鉄塔文庫のKさんが企画編集された本が、3月25日に発売になるそうです。
 『真実 新聞が警察に跪いた日』(高田昌幸著、柏書房)
こちらもどうかよろしく。
b0080498_9181391.jpg

[PR]
by t-mkM | 2012-03-22 01:17 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://tmasasa.exblog.jp/tb/18008533
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by NEGI at 2012-03-22 14:38 x
また、是非遊びに来てください。日本酒は武藤さんが平田敏子さんに頂いたものと言ってた気が。
Commented by t-mkM at 2012-03-22 22:19
NEGIさん、コメントありがとうございます。先日はホントにお世話になりました。ぜひまたうかがわせてください。日本酒(も)、これまたおいしかったです。武藤さんと平田さんにも感謝!


<< ヒグラシ文庫に追加補充 福田和代のクライシス・ノベル >>