最近の収穫、ほか

まもなく、都議会議員の選挙、である。
職を得て東京都民となってからこっち、都知事、都議会、区長、区議会と、都民・区民に関連する選挙ではあんまり迷わずに毎回投票してきたけれど、今回ばかりは、なかなか悩ましい感じである。
ま、ぶっちゃけて言えば、都議会の与党も野党も、そして今回新しくできたところも、みーんなひっくるめて、これまでになく、かなりイマイチであるからなんだが。ちょっとふり返るだけでも、築地市場の移転問題ばっかりがクローズアップされているのもなんだかなぁ、な感じだし、東京オリンピックに向けた費用分担はどこに行ったんだ!? これは争点にならないのか? 巨額の予算をどうするのか、という点ではどちらも同じくらいの重要度じゃないのか、とも思うのだが。
マスコミの動向調査などもあちこちで出てるけど、都議選のその後までも含めて考えると、どうももやもやした感じが…。

で、最近まとまって本の感想など書いている機会がないので、以下、簡単に最近の収穫を。

『花の命はノー・フューチャー: DELUXE EDITION』ブレイディみかこ(ちくま文庫、2017)

絶版だった名著に、新たな書き下ろし、未収録原稿を約200頁も加えた最強版!移民、パンク、LGBT、貧困層…地べたからの視点から“壊れた英国”をスカッとした笑いと、抑えがたい抒情ともに描く。「花の命は…苦しきことのみ」の言葉とともに渡った英国ブライトンで、アイリッシュの連合いと過ごす、酒とパンクロックの日々。
(以上はアマゾンの内容紹介から)


デビュー作の単行本に書き下ろしを大幅に加えて文庫化、というので新刊で購入して読んだ。
イギリス在住の著者が定期的に送ってくるネット上の配信記事を以前からよく読んでいる。反緊縮を鮮明にした「地べたからの視点」という立ち位置で、それなりに評判だったものの、イギリスが国民投票でEU離脱を決めた頃くらいから、あれよという間に注目の書き手に。著作も次々と刊行されている。

最近の文章と比べてみると、もう明らかに「若いよなぁ」という感じなのが、なかなか微笑ましいけど、そのスタンスは当初から一貫し、ぶれるところが無い、ということがあらためてよく分かる。
作家の佐藤亜紀が帯文を寄せていて、絶賛しているのもちょっと意外で注目させられる。

もう一冊。

『鬱屈精神科医、占いにすがる』春日武彦(太田出版、2015)

精神科医は還暦を迎えて危機を迎えていた。無力感と苛立ちとよるべなさに打ちひしがれる。しかし、同業にかかるわけにもいかない。それならいっそ街の占い師にかかってみようと思い立つ。はたして占いは役に立つのか。幾人もの占い師にあたっていって、やがて見えてきたもの……。人間が“救済"されるとはいったいどういうことなのか。私小説的に綴られる精神科医の痛切なる心の叫び。
(以上はアマゾンの内容紹介から)

筆致としてはとってもシニカルで、でも時にはコミカルにも響くような文体ではあるものの、語られる内容は上にもあるとおり、一貫して全編をとおして鬱屈している。
占い師と面と向かった際、「精神科医です」と自らの職業を述べると、とたんに警戒されるとあるけど、そりゃそうだろう。著者も、精神科医と占い師は似たようなところがあるというとおり、ある意味、人生相談めいたところにも踏み込まざるを得ないだろうし。精神科医は科学と、占い師は(例えば)タロットなどを手がかりに、悩み事に対する解決(解答)を示唆する、ってのも似てるし。

本書の中で、つらつらと自己分析を(鬱屈しながら)繰り返すなか、母親との関係が思いのほか自分自身の中で重い位置を占めていたことに気づく。要するに、自分が行うことについて、妻はもちろんだが、母親に認めてもらえるかどうかが自己評価の基準になっていた、というのである。この気づきの箇所は、自分自身における両親に対する思いなどもふりかえさせられた感じで、印象に残った。

全体として、結局のところ自虐ネタ?という気がしないでもないけど、自己分析を繰り返す文章それ自体がとても読ませる。


[PR]
by t-mkM | 2017-06-29 01:13 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tmasasa.exblog.jp/tb/26956883
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< なじみの無い版元の2冊 じわじわくる映画『メッセージ』 >>