携帯電話のトラブル顛末

昨日、使っている携帯電話で、突然メールの送受信ができなくなった。
以下、ことの顛末。

出勤した頃には、いつものように登録しているメルマガなどを受信していたのだが、ふと思いついて週末のイベントのことで近所の方にメールを、と思って文面を打ち、送信しようとしたのだが、何度やっても「接続できません」と出て、送れない。
画面を見ると、アンテナは立っている。場所を移動してもダメである。
「もしや…」と思い、自分のPCから携帯電話にメールしてみると、受信もできなくなっている。何度「新着確認」をしても、「接続できません」と出て、メール受信もできない。

これは困った。
で、職場デスクにあるPCでネット検索。携帯電話会社のサイトにあるトラブル処理に該当するページを探し、そこに載っている対処法を試してみることに。

もっとも確実そうなのものに、「電源を切り、裏フタをはずし、いったん電池を抜き、あらためて差してみる」というのがあり、さっそくやってみる。
…が、やはり送受信できない。

じゃあ、ということで、そのページに載っている電話相談のフリーダイヤルにかけてみる。メールはダメだけど、電話はフツーに使えるのだった。
音声案内の、やたら面倒な手順を3段階くらい突破して、ようやくオペレーターに繋がる。そこでもさらに本人確認と称して、電話番号やら名前やらを確認され、ようやく懸案の事態を伝えることができるようになる。いやもう、面倒くさいこと!

で、オペレーターのお姉さんからいくつか問題解決への提案をいただいたのだが、もっとも有望そうであったのが、「ICカードの抜き差し」。当方の携帯電話では、電源を切って裏ブタをはずし、電池を抜くと、そこにICカードとmicroSDカードが挿入されているのが見える。で、そのICカードをいったん抜いて、ゴミなど付いてないか確認してあらためて入れ直す、というもの。

さっそくこれをやってみる。
「これで大丈夫か?」と思いきや、これでもメールの送受信ができない。

うー、仕方がない。
幸いにも近所に携帯電話会社のショップがあるので、そこへ行ってみた。

窓口のお兄さんに携帯電話を渡し、事情を説明して、「もう一度やってみてもらえますかね」と言われてメール受信してみる。そうしたら…、できるじゃないの!ナゼ?

「場所の問題なんですかねぇ。一時的な不具合でしょうか。」
「いやはやお騒がせしました。」
てなことで職場へ戻ったのだが、ナント、またしてもメール送受信ができない!

いやはや、もうなんだかワケ分からない。
ためしに建物を出て、その辺をウロウロしながらメール送受信を繰り返してみると、一時的にメールが繋がることはあるものの、概ねメール送受信はできないのだった。

ショップに再度聞くしかなかろう、ということで、さきほどの近所のショップに電話してみた。
対応に出たお兄さん曰く、「うーん、あと、できることはICカードの交換ですかねぇ」とのこと。
じゃ、お願いします、ということで、さっそく近所の携帯電話会社のショップにあらためて出向くことに。

このショップでも、ICカードの交換に際して名前と電話番号の書かされ、「ICカード故障再発行申込書」なるものが発行されて、ICカードの交換と相成る。ま、仕方がないというか、当然というか。
で、この結果、どうなったか?

ようやくメール送受信が復活、いままでのトラブルがウソのように、問題なく使えるようになったのである。

この携帯電話、購入してまだ1年以内で保証期間内であるため、上記のいっさいが無料だったけど、古い携帯電話だとどうだったのだろう。
いきなり不具合とか、まったくもって釈然としないし、あれこれ対応した時間たるや、まったくもってムダである。時間を返してもらいたい。
とはいえ、とりあえず直ってホッとした。

以上が、昨日、当方が経験した携帯電話トラブルの顛末。


[PR]
by t-mkM | 2017-07-21 00:55 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tmasasa.exblog.jp/tb/27001038
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< あらためて須賀敦子の文章に なじみの無い版元の2冊 >>