<   2017年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

あらためて須賀敦子の文章に

行きつけの図書館で、「借りたいものがないよなぁ」とウロウロしていて目にとまったので、借りてみた。

『コルシア書店の仲間たち』須賀敦子(白水uブックス、2001)

ミラノの大聖堂の近く、サン・カルロ教会の軒先を借りるようにして作られた一軒の小さな本屋があった。その名はコルシア・デイ・セルヴィ書店、貧しくも生きることに真摯な人々が集う心やすまる出会いの場所だった。

(以上はアマゾンの内容紹介より)

読書記録(いちおう付けてはいるのだ)をみると、じつは20年くらい前に彼女のエッセイを読んではいた。が、あまり印象に残っていない。当時、須賀敦子がつぎつぎと出すエッセイが話題になっていたころだったかと思うのだが。

著者は1998年に死去。作家としての活動期間は晩年の10年未満ほどだったものの、すでに全集も出ていて、名文家としての世評も確固とした作家の代表作(と言っていいのだろう)のエッセイである。
そんな著作を、寝しなにちびちびと読んでいて、「いやぁ、うまいなぁ。沁みるなぁ」とつくづく思ったのである。もちろん、「何をいまさら言ってんだ」なわけだけど、個人的には須賀敦子を再発見した、という感じ。(ホントに、何をいまさら、だな)

ごく平易な文章であるけど、若かりしころに暮らしたミラノ、そしてコルシア書店に集う、ちょっと癖のある人々を回想して綴る文章が、まるでついこの間のような感じで描かれる。それでいて、長年の時を経て熟成したとでもいうか、ミラノの街角の描写はもとより、登場人物たちと著者とをめぐる葛藤や共感などの描写のいちいちが、沁みてくる。ウマい。名文家つかまえて「ウマい」なんて、おこがましいにもほどがある、のだけど、しかたがない。適切な言葉が浮かんでこない。

まあ、年を取らないと分からないこともある、ということか。


[PR]
by t-mkM | 2017-07-26 00:52 | Trackback | Comments(0)

携帯電話のトラブル顛末

昨日、使っている携帯電話で、突然メールの送受信ができなくなった。
以下、ことの顛末。

出勤した頃には、いつものように登録しているメルマガなどを受信していたのだが、ふと思いついて週末のイベントのことで近所の方にメールを、と思って文面を打ち、送信しようとしたのだが、何度やっても「接続できません」と出て、送れない。
画面を見ると、アンテナは立っている。場所を移動してもダメである。
「もしや…」と思い、自分のPCから携帯電話にメールしてみると、受信もできなくなっている。何度「新着確認」をしても、「接続できません」と出て、メール受信もできない。

これは困った。
で、職場デスクにあるPCでネット検索。携帯電話会社のサイトにあるトラブル処理に該当するページを探し、そこに載っている対処法を試してみることに。

もっとも確実そうなのものに、「電源を切り、裏フタをはずし、いったん電池を抜き、あらためて差してみる」というのがあり、さっそくやってみる。
…が、やはり送受信できない。

じゃあ、ということで、そのページに載っている電話相談のフリーダイヤルにかけてみる。メールはダメだけど、電話はフツーに使えるのだった。
音声案内の、やたら面倒な手順を3段階くらい突破して、ようやくオペレーターに繋がる。そこでもさらに本人確認と称して、電話番号やら名前やらを確認され、ようやく懸案の事態を伝えることができるようになる。いやもう、面倒くさいこと!

で、オペレーターのお姉さんからいくつか問題解決への提案をいただいたのだが、もっとも有望そうであったのが、「ICカードの抜き差し」。当方の携帯電話では、電源を切って裏ブタをはずし、電池を抜くと、そこにICカードとmicroSDカードが挿入されているのが見える。で、そのICカードをいったん抜いて、ゴミなど付いてないか確認してあらためて入れ直す、というもの。

さっそくこれをやってみる。
「これで大丈夫か?」と思いきや、これでもメールの送受信ができない。

うー、仕方がない。
幸いにも近所に携帯電話会社のショップがあるので、そこへ行ってみた。

窓口のお兄さんに携帯電話を渡し、事情を説明して、「もう一度やってみてもらえますかね」と言われてメール受信してみる。そうしたら…、できるじゃないの!ナゼ?

「場所の問題なんですかねぇ。一時的な不具合でしょうか。」
「いやはやお騒がせしました。」
てなことで職場へ戻ったのだが、ナント、またしてもメール送受信ができない!

いやはや、もうなんだかワケ分からない。
ためしに建物を出て、その辺をウロウロしながらメール送受信を繰り返してみると、一時的にメールが繋がることはあるものの、概ねメール送受信はできないのだった。

ショップに再度聞くしかなかろう、ということで、さきほどの近所のショップに電話してみた。
対応に出たお兄さん曰く、「うーん、あと、できることはICカードの交換ですかねぇ」とのこと。
じゃ、お願いします、ということで、さっそく近所の携帯電話会社のショップにあらためて出向くことに。

このショップでも、ICカードの交換に際して名前と電話番号の書かされ、「ICカード故障再発行申込書」なるものが発行されて、ICカードの交換と相成る。ま、仕方がないというか、当然というか。
で、この結果、どうなったか?

ようやくメール送受信が復活、いままでのトラブルがウソのように、問題なく使えるようになったのである。

この携帯電話、購入してまだ1年以内で保証期間内であるため、上記のいっさいが無料だったけど、古い携帯電話だとどうだったのだろう。
いきなり不具合とか、まったくもって釈然としないし、あれこれ対応した時間たるや、まったくもってムダである。時間を返してもらいたい。
とはいえ、とりあえず直ってホッとした。

以上が、昨日、当方が経験した携帯電話トラブルの顛末。


[PR]
by t-mkM | 2017-07-21 00:55 | Trackback | Comments(0)

なじみの無い版元の2冊

すでに7月も12日である。
梅雨も明けないうちからこの暑さでダレているのか、すでに夏休みモードへ入りつつあるのか、巷はどことなくマッタリとした感じが漂っている、ように感じられる。
そんななか、最近読んだ本のうち、あまり見かけない出版社のもので印象的だったのを2冊ほど。

『本屋、はじめました』辻山良雄(苦楽堂、2017)

著者は、大学卒業後リブロに入社し、各地の支店で店長も務め、最後は池袋本店で閉店を見届けた後に、2016年1月に荻窪で個人の新刊書店「Title」を開業した、という方。その「Title」を開くまでの経緯を綴った本である。

ここ数年、個人で古本屋を開いた、という話しはワタクシの周辺でも聞こえてきたけれど、新刊書店を開業というのはほとんど覚えが無い。近所などを見渡しても、新刊書店は閉店が相次ぐばかりだし。(ここ最近では古本屋の開店、というのも聞かないけど)

この種の本だと、著者の熱い思いが綴られて…、といった感じかと思いきや、自身を見つめる冷静な目線や、ふり返って開業の経緯などを綴る文面は、むしろ淡々としている。そしてその分、腑に落ちるところが多いように感じられた。しかも、初期投資計画や初年度の収支決算まで載っていて、ここまで開示している"書店開業本"は、ちょっと無いのでは。

印象に残ったのは、どこで店を開くか、ロケハンと称して夫婦で尋ねた鎌倉と松本の印象を書いた箇所。店を開く、という視点ならではのように感じた。
また、カフェも併設しているため、ドリンク以外に何を提供するのか思考錯誤する箇所も目に止まった。なんだかんだで「個人店の楽しさが詰まっているのは飲食」という指摘には、こちらも「一日古本カフェ」なんてやったりしたこともあって、ナルホドと思ったり。

もう一冊は、ここで取り上げるのは珍しい写真集。

『写真集 浅草 2011-2016 六区ブロードウェイ 日本人の肖像』初沢克利(春風社、2017)

500ページを超える、すべてがモノクロの写真集で、ずっしりと分厚い。よって値段もけっこう(税抜7000円)する。
じつは図書館で見かけたのだけど、手にとってページを開くと、なぜか見続けてしまう。写っているのは、浅草に集ってくる、または住んでいる(と思われる)ごくフツーの人々である。重たいのは覚悟のうえで借り出し、最後まで2回、紙面をながめ続けてしまった。

浅草六区には大道芸をやる人がいるが、そこに集まってくる人々だけを捉えた写真が冒頭にまとめて掲載されている。たぶん、観客とともに大道芸をやっている方も映り込むようなショットで撮るのがフツーだと思うが、そうではなく、あくまでも観客だけを捉えた写真が続くのである。このはじまり方は、ずいぶんと変わっているのではないか。
そんな感じで、ちょっと他の写真集とは違っている(と思う)。

最後に載っている著者の文章によれば、欧米人と異なって日本人を象徴するような写真をなかなか撮れなかったが、大道芸を観る人を撮ることでそのヒントが見えた、と言う趣旨が書かれている。そんな目で写真集を見返してみると、また味わいが変化するようにも感じられた。



[PR]
by t-mkM | 2017-07-12 01:49 | Trackback | Comments(0)