「じゃずじゃ」は『CDジャーナル』で復活していた

例によって月遅れの雑誌から。
今回は『CDジャーナル』。

新刊書店で眺めたときには気がつかなったけど、『CDジャーナル』は2月号から表紙も中身も一新、リニューアルされていたのだった。

その『CDジャーナル』2月号をパラパラと見ていると、なつかしやマーク・ラパポート氏の名前が。みれば、「じゃずじゃの息子」という短いコラムである。
思えば一年ほど前だったか、『ミュージック・マガジン』で長きにわたって連載されていたラパポート氏の「じゃずじゃ」が突然の終了宣言。「??…」と置いてけぼりをくったような思いで釈然としないままに忘れかけていたけれど、別媒体での再開である。ひとまずはラパポート氏のコラムが読めることを喜びたい。
ふぁぼったーによれば、今後はネットで読めるコラムも書き始める予定とのことなので、楽しみだ。

ちなみに、ラパポート氏のツイッターは以下。
http://twitter.com/jazuja


 神保町・AMULETの1階にブックカフェがオープン。
 プロ・アマ含め10数店舗から出品された古本が販売中。
 <古本T>も100冊超を出品しています。 ←2/20に追加補充!
 神保町にお越しの際は、ぜひお立ち寄り下さい。
  AMULET http://amulet.ocnk.net/
  東京都千代田区神田神保町1-18-10 三光ビル
  Tel & Fax : 03-5283-7047
  Open : 12時~20時  休日 : 年末年始

[PR]
by t-mkM | 2011-02-24 00:37 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tmasasa.exblog.jp/tb/14962703
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 山本周五郎のあらたな短編集 「伊勢太神楽の旅」@東中野・ポ... >>