週末に観た映画、2本

先週末、我が家にしては超めずらしく、公開中の映画を2本、土曜、日曜と続けて観た。

まずは土曜日、『グレーテスト・ショーマン』。
観たのは、初体験のTOHOシネマズ上野で。何はともあれ、自転車で行ける映画館、というのがいいな。

13時半ころの回で、客席はほぼ満席。ハッキリ言って、まったくのノーマークではあったけど、「これぞハリウッド映画の王道」といった感じで、大画面と大音響を目一杯楽しめた。お客が集まっているのもよく分かる。
以下はヤフー映画による解説から。

19世紀に活躍した伝説のエンターテイナー、P・T・バーナムを『X-MEN』シリーズや『レ・ミゼラブル』などのヒュー・ジャックマンが演じるミュージカル。空想家の主人公が卓越したアイデアと野心で世界中を熱狂させるさまと、ロマンチックな愛の物語が描かれる。監督はマイケル・グレイシー。ミシェル・ウィリアムズやザック・エフロンらが共演。『ラ・ラ・ランド』で第89回アカデミー賞歌曲賞を受賞した、ベンジ・パセックとジャスティン・ポールが音楽を担当している。

P.T.バーナムはアメリカでは有名な興行師で、いかがわしい側面もあったようだけど、そんな感じもふくめて絶妙に描かれている。なにしろ、ストーリー展開のテンポが早い。とくに前半、説明的なセリフなど一切抜きで、バーナムの前半生と人となりを描写してしまうところなど、映像はもちろん、脚本の巧さも光る。これでもか! というくらいの情報量だけれども、まったく消化不良を起こさせることなく、歌とダンスで耳目を集めながら随所で泣かせ、しかも105分でまとめているのは見事と言うほかない感じ。

見終わると、主題歌?である「This is me」がアタマの中をリフレインしている。


そして日曜日は『スリー・ビルボード』。
日比谷のTOHOシネマズシャンテにて。

16時過ぎの回で、こちらも客席はほぼ満席だった。アカデミー賞ノミネート作品で、前評判もいいようだし、それがそのまま客数に反映している感じ。
以下、ヤフー映画によるあらすじ。

ミズーリ州の田舎町。7か月ほど前に娘を殺されたミルドレッド(フランシス・マクドーマンド)は、犯人を逮捕できない警察に苛立ち、警察を批判する3枚の広告看板を設置する。彼女は、警察署長(ウディ・ハレルソン)を尊敬する彼の部下や町の人々に脅されても、決して屈しなかった。やがて事態は思わぬ方へ動き始め……。

結局、アカデミー賞ではミルドレット役が主演女優賞、警官のディクソン役が助演男優賞を受賞したようで、これからさらに観客が増えるのかも。

原題は「THREE BILLBOARDS OUTSIDE EBBING, MISSOURI」。
このミズーリ州という、中西部の州名が入っているのがミソか。非白人への差別感情を隠さない警官が大手をふり、家庭はもちろん警察官によってすら暴力的な言行が日常茶飯事な日々。こんな田舎町にとつぜん現れた、警察署長を批判する3つの意見広告(スリー・ビルボード)と、その意見広告を出した人物であり、娘をレイプされて殺された母親の、脇目も振らない行動もあって、物語が思わぬ方向へと転がっていく。

アカデミー賞をとっただけあって、主人公のミルドレッドの存在感が圧倒的。対立する警察官のディクソンも、特に後半からラストへと至るなかでの変貌ぶりには目を見張らされる。
予想もされない展開が次々と起こるし、何気ないシーンも、後から思うと意味深な場面にも思えてきたり、画面のテンションがずーっと高いままで緊張感がある。と思いきや、ジョークめいた場面がさりげなく出てたり。

なかなか感想がまとまらないのだけど、さまざまに事態が変転してきた末のエンディングが絶妙で、深ーく余韻を残す。「ラストで世界的な課題へと繋がる」といった評論を聞いたけど、まさしくそのとおりかと。
観る度に発見のある映画、のように思えた。


[PR]
by t-mkM | 2018-03-07 01:45 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tmasasa.exblog.jp/tb/28177842
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 一気に読んだ『夜の谷を行く』 小田嶋隆のコラムより >>