『素敵なダイナマイトスキャンダル』を観た

年度末、あれよという間に桜も満開。…を通り過ぎてしまい、すでに花びらの陰に葉っぱがちらほら見えるくらい。もはや花見はこの週末で終わりか。

今週は初っぱなから職場での移転作業があり、居室以外で受け持っている部屋もあるために、いやはやもう大変。とりわけここ数日は、移転荷物の置き場所の細かい指示などで移転担当の業者に付き合っていなくてはならず、まったく仕事にならない。昨日、移転先の居室の片付けもようやく一段落して、ようやく仕事を再開したところ。

その間、週末には映画を2、3本観たのものの、時間がないため感想を書けてなかったのだが、先週末に観た『素敵なダイナマイトスキャンダル』は、それなりに面白かった。
以下、シネマトゥデイの見どころから。

雑誌「ウイークエンドスーパー」「写真時代」などの編集長として知られる末井昭の自伝的エッセイを映画化。幼少期に母親が自殺するという衝撃的な体験をした末井が、伝説の雑誌編集長として活躍するまでの波乱の半生を描く。昭和のサブカルチャーをけん引したカリスマを、柄本佑が体現。『パビリオン山椒魚』などの冨永昌敬が監督を務め、音楽を冨永監督と『パンドラの匣』などでタッグを組んだ菊地成孔が手掛ける。

映画は、末井氏が子どもの頃、1950年代から60年代、80年代のバブル期から平成までが描かれる。冒頭、70年代の喫茶店での描写が出てくるんだけど、タバコの煙で店内が煙って向こうが霞んでいるところなど、当時の雰囲気がじつに濃厚に再現されていて、この"昭和感"は、当時を知っている身としては、じつに興味深かった。

なんといっても、主演の柄本佑がいい。
現実の末井氏に似ているらしいが、高校卒業後に都会へ出て、あっちこっちと仕事を変わりながらも、雑誌業界で頭角を現していくさまを、私生活の変化やバブル期の狂騒も交えながら、好演している。当時、目論みもなく都会に出て、偶然にも恵まれて仕事を得ていった若者というのは、大勢いたんだろうなぁ。いまとなっては「何にも考えてないよな」とも感じるけど、この変化こそが、デフレが20年以上続いた弊害でもあるのでは、と思わされる。
一方、幼少期に母親がダイナマイトで爆死するという体験を抱えている故なのか、所々で投げやりというか虚無とでもいえばいいか、そんな印象を感じさせる側面も覗かせ、末井昭という人物の奥底に何があるのか? といったものを感じさせもする。

観たのはテアトル新宿。
客層としては中高年が中心で、男性が多い。ま、エロ雑誌編集者が主人公なんだから、それも当然か。
ただまあ、この映画については、60年代、70年代で"新宿"というエリアが持っていた独特の雰囲気が、より感じられるところはあるかも。

ということで、観るなら新宿がオススメ。


[PR]
by t-mkM | 2018-03-29 01:21 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tmasasa.exblog.jp/tb/28217409
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< ブント・リーダーの新たなる評伝 久しぶりの下北沢で椿組『毒おん... >>