沢崎シリーズ14年ぶりの新作を読んで

今年最初のエントリでも「原尞の新作が出る!」と驚いたことを書いた。
https://tmasasa.exblog.jp/27967417/
最近、なんだか知らないけど、相方がとつぜん買ってきて読み、どうもイマイチそうな感じなので、「どれどれ」と手を伸ばしてみた。

『それまでの明日』原尞(早川書房、2018)

以下は早川書房のサイトにあるあらすじから。

私立探偵・沢崎のもとを訪れた紳士が持ち込んだのはごく簡単な身辺調査のはずだった。しかし当の依頼人が忽然と姿を消し、沢崎はいつしか金融絡みの事件の渦中に。14年もの歳月をかけて遂に完成したチャンドラーの『ロング・グッドバイ』に比肩する畢生の大作。

今回、沢崎が巻き込まれる事件自体は、ハッキリ言ってショボい。
デビュー作の都知事選に絡む疑惑や、『私が殺した少女』の緊迫感に比べると、年齢のせいか、はたまた世相の反映なのか、もやもやした感が後半になるほどつきまとう感じがする。

そもそも、依頼人の持ち込んだ身辺調査は、わりとすぐに「当人がすでに死亡」となってしまうし、巻き込まれる金融絡みの事件も、金額はちょっと大きいものの、背後にうごめく組織や人物は、過去シリーズの登場人物を出すため? という感がなくもない。しかも、舞台となる金融会社の店名が「ミレニアム・ファイナンス」(!)だとか、沢崎が、いつまでも学生気分の抜けない息子のような年齢の人物と交わすやりとりでも、なんだかなぁ、という違和感を拭いきれない。

…といったような感じで、いまひとつすっきりしなかったのだけど、BOOK.asahi.comに永江朗が寄せていた書評などを読んでいて、そんな認識を改めさせられた気がした。

 探偵小説は失ったものを見つけ出そうとする物語である。この作品は、依頼された調査の結果はすぐわかるが(女将の死)、依頼人が姿を消すことで、何を見つけ出すべきかがわからなくなる。まるで現代人そのもの。

http://book.asahi.com/reviews/column/2018032700002.html


ほう、なるほど。
今作の、なんだか明確ではないストーリー展開、スッキリしない事件の顛末、自身の身近な人間関係に翻弄されたり、悩んだりする人々…。たしかに行き先が見えづらい。そういう点では、まさに現代的なのかもしれない。

最後の最後、「えっ」というラストで終わるのだけど、どうしたって、その後の(しかも確実に悲劇的であろう)展開を想像せざるを得ない。
このあと、沢崎シリーズはいかなる方向に行くのか? そもそも、新作は読めるのか?
ぜひとも読んでみたいと思うのだけど。


[PR]
by t-mkM | 2018-04-24 01:33 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tmasasa.exblog.jp/tb/28265341
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 『上を向いてアルコール』を興味... 『ウィンストン・チャーチル /... >>