ジャズ本のカバーイラストが...

著者には申し訳ないが、中身とは関係なく、そのカバーイラストが目にとまったので紹介。
『愛しのジャズメン』小川隆夫(東京キララ社)




『愛しのジャズメン パート2』小川隆夫(東京キララ社)


これらふたつのカバーのイラストを描いているのは、久原大河さん。
しばらく前から、梅津和時などジャズ・ミュージシャンの宣伝用ライブ・チラシ(いまでは”フライヤー”というらしいが)などで、一目見ると強く印象に残るイラストを描かれている方だ、という認識はあったのだが、どういう活動をされているのかよく分からない人でもあった。
(いちおう、「ギャラリー大河」なるページがあったりするけど、最近どういう仕事をされているのやら......)

その久原さんの絵を、マイナー(失礼)とはいえ一般書籍の表紙カバーで見かけたものだから、思わず図書館で手に取った。相変わらず、インパクトがあって、一度目にすると印象に残る絵であるよなぁ。
[PR]
by t-mkM | 2008-01-19 22:32 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tmasasa.exblog.jp/tb/7956757
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 賞、賞... リンク追加 >>