<   2018年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

『2001年宇宙の旅』IMAX上映を観て

公開50周年を記念して、『2001年宇宙の旅』70mmフィルムのニュープリント版が京橋・国立映画アーカイブで特別上映される、ということを知ったのはいつだったか?

「こりゃ観に行かねば」と思ってはいたものの、気がつけば、計6日間の上映期間の前売券はすでに売り切れており、当日券しか残っていなかった。(なんでも、各回200枚の前売券は、発売開始数分で売り切れたとか! まあ、それじゃ到底買えなかったろうな、と思ったしだい)

特別上映の後半が始まる10月11日、ちょうど外で仕事があり、しかも11時過ぎには終わるので、「午後は休暇とって京橋に行ってみっか」と算段し、当日、行ってみた。
が、(前もってネットで得た情報から、かなりの確率で無理だろうとは思っていたけど)11時半過ぎに会場に着いてみると、「本日の当日券は完売した」との掲示が。平日は開館が11時で、オープンと同時に整理券を配るとアナウンスされていたのだが。念のため窓口の人に聞いてみると、すでに9時の時点で250人(!)ほどの行列で、開館を前倒しで10時半にオープンして整理券を配布したとか。1日2回の上映で、各回100人分の当日券だから、まあ11時半に来ているようでは「お話にならない」わけだ。いやまぁ、スゴイ盛況ぶり。
あとでネットを見ると、当日の整理券を求めて全国からファンが来ていたそうだから、さもありなん。

しかたがないので、このあたりで昼飯を、とウロウロしたあげく、「松若」というトンカツ屋へ。
2階へ上がる階段に行列していたので、並んでいると、程なくしてタイミングよく「一人様なら1階へ」ということでカウンターだけの1階に案内される(2階はテーブル席)。かつコロ定食という、トンカツとコロッケの組み合わせランチ1100円を注文。
長らくやっている店のようで、サラリーマン御用達といった感じだけど、豚汁にあっさりした漬物もついて、カツもボリューム十分でウマかった。
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13024987/

どうでもいいけど、隣でトンカツ・オムレツのセットランチを食べていた40代とおぼしきサラリーマン、付け合わせのキャベツにも漬物にも全く手をつけず、「ごちそうさま」と帰って行く。もったいない…。浅漬けの漬物、うまいのにねぇ。


それで。
この前の日曜、10月21日(じゅってんにーいち、だ)、『2001年宇宙の旅』のIMAX劇場上映が2週間限定で行われているので、これはぜひに! ということで、ミッドタウン日比谷の東宝シネマへ観に行った。
観たのは午前10時半からの回。座席は半分ほど埋まっており、いつもと比べて中高年男性の多さが目立つか(まさしく自分もそうなのだが)。

公開当時の上映スタイルを再現する、というコンセプトのようで、上映前に明かりを落として音楽が鳴っているところから、途中のインターミッション(休憩)15分、そして終映後にも音楽が流れるところまで、忠実に再現されているそうだ。

で、IMAX。以前にDVDで観たのとは全く違う!
さすがに昔に作られたので、画面上下までは広がっておらず、IMAXサイズ全面の映像ではないものの、映像そのものは思いのほかクリアできれい。そして、冒頭の「ツァラトゥストラはかく語りき」「美しく青きドナウ」やリゲティの音楽が、重低音まで大音響できちんと鳴り響くのは、この映画のかなり重要な要素であるとつくづく感じる。自宅でDVDをチマチマ観ているだけでは分からないよなぁ。
また、後半で時空を超える移動?をする場面が出てくるけど、そのシーンでの色彩の豊かさやイメージの奔流には圧倒される。

それから、他のいろいろな映画で見た数々のシーンが、この『2001年宇宙の旅』へのオマージュ(あるいはパクリ)なんだというのが、よく分かった。今回の70mmニュープリント版を監修したというクリストファー・ノーラン監督の『インターステラー』はじめ、『オデッセイ』(原作は「火星の人」)『ゼロ・グラビティ』から『スター・ウォーズ』まで、「どっかで見たことあるシーンだよな」と思う箇所があちこちに。もちろん、製作年を考えれば『2001年宇宙の旅』がそれらシーンの原点であるわけで、後続への影響力の大きさを改めて感じさせられた。

まあ、すでにいろんなところでさまざまな方々によって語られてきた映画なので、内容についてはここでその蛇足を付け足すようなことはしない。でも、今回のIMAX上映を観て思ったのは、ホントに最先端で前衛、ブッとんだ作品は、50年経っても最先端だし前衛であり続けるんだな、ということ。議論になるラストの場面も、改めて見ると安易な読み解きを退けるかのような描き方で、それでいて多様な解釈にも耐えうるように撮られている、ように感じた。

映画史に屹立する1本であり、映画館という劇場空間に身を置いてこそ、その内容をほんとうに十全に堪能できる1本、でもある。機会があればぜひIMAXで。



[PR]
by t-mkM | 2018-10-24 01:15 | Trackback | Comments(0)

映画『愛しのアイリーン』を観て

さる3連休で観た映画、けっこうなインパクトがあったのだけど、なかなかスケールの大きなものがあって、まとまった感想が書きにくい。
とりあえず、メモ的に。

『愛しのアイリーン』監督:吉田恵輔 原作:新井英樹 出演:安田顕、ナッツ・イシイ、木野花

観たのは日比谷。
休日の初回だったけど、座席は6割がた埋まっていたか。

原作のマンガは読んで無い。というか、すでに著名な漫画家らしい新井英樹の作品、(たぶん)みんな読んでない。監督が、あの『ヒメアノ~ル』を撮った人、ということで観に行ったようなところ。
以下は「映画.com」にある解説から。
https://eiga.com/movie/88623/

「ワールド・イズ・マイン」「宮本から君へ」など社会の不条理をえぐる作品で知られる新井英樹が、国際結婚した主人公を通して地方の農村が内包する問題を描いた同名漫画を実写映画化。新井の漫画が映画化されるのはこれが初めてで、安田顕が主演、「ヒメアノ~ル」の吉田恵輔監督がメガホンを取った。42歳まで恋愛を知らず独身でいた岩男が、久しぶりに寒村にある実家に帰省する。しかし、実家では死んだことすら知らなかった父親の葬式の真っ最中だった。そんなタイミングで帰ってきた岩男がフィリピン人の嫁アイリーンを連れていったため、参列者がざわつき出し、その背後からライフルを構えた喪服姿の母親ツルが現れる。安田が主人公の岩男を演じ、アイリーン役にはフィリピン人女優のナッツ・シトイを起用。そのほか木野花、伊勢谷友介らが出演。

…と引用してきても、なんだかサッパリ要点はつかめないように思うので、もう一つ、こちらは漫画の『愛しのアイリーン』wikipediaから。

「日本(の農村)の少子高齢化」「嫁不足」「外国人妻」「後継者問題」といった社会問題に真っ正面から取り組んだ作品。特に「国際結婚が内包している種々の問題」に対して丁寧に描写されている。終盤にかけては「夫婦の愛情」「母から子への愛情」などにテーマが広がっていき、最終的には「家族の愛」が描かれた。

で、映画だけど、このwikiの説明にある流れにほぼ沿って展開していく。
おそらく、かなり原作を忠実に実写映画化しているのではないだろうか。

全編で137分。wikiにあるように、いまどきの農村(というか田舎)の現実がこれでもかと可視化されてくるようで、失笑、爆笑させられる箇所は多々あれど、画面から目が離せないテンションが最後まで続く。また、主演の3人(安田顕、ナッツ・イシイ、木野花)の存在感には、常に目が離せない。

安田顕が演じる42歳の童貞独身男・岩男のどんづまり感、ナッツ・イシイ演じるアイリーンが体現するフィリピン(の田舎と思われる地方)の貧しさ、また岩男の勤めるパチンコ屋の職場での膿んだ人間関係、等々、どれもどよーんとした閉塞感が観ている側に執拗に迫ってくる。そして、抜きんでていたのは、木野花が演じる岩男の母ツルの、言動や行動のブレなさ、頑なさかなぁ。ある意味、岩男ではなく、ツルが主役の映画だとも言える。

最後の雪山の場面は、ちょっと「いきなりどこの原野に行ってんのよ?」という感が拭えないけど、胸に迫るラストシーンではある。(泣いている人もちらほら)
いろんな意味合いで、インパクト大の映画。見る際は悪酔いしないように。


[PR]
by t-mkM | 2018-10-19 01:26 | Trackback | Comments(0)

ゴーゴー・ペンギン、ライブの衝撃

先週、10数年ぶり?くらいに渋谷のクラブ・クアトロへ行った。

イギリス・マンチェスターのピアノ・トリオ、ゴーゴー・ペンギンによる、日本で初めてとなるライブハウスツアーで、7月だったかにチケット取ったもの。


以前、ブルーノートから出た『マン・メイド・オブジェクト』を聞いて面白いと感じ、現時点で最新作となる『ア・ハムドラム・スター』もよかったので、久しぶりにクラブ・クアトロまで足を運んだ、というわけ。


スタンディングだし、若い人ばっかりかと思っていたけど、ジャズという括りだからなのか、おじさん・おばさんもそれなりに。とはいえ、そこはライブハウス。開演前に流れてたBGMは、まさしくそんな感じだったけど。

18時開場、19時開演。会場についたのは18時半をすぎていたか。すでに前列エリアは人で埋まっていた。結局、会場の真ん中あたりで聞いた。キャパは800人らしいけど、さすがにそこまではいないにせよ、会場は満杯。


メンバーの3人、ほとんど話もせず、しゃべるのはもっぱらベースの人。といっても、曲名の紹介などは最小限だし、黙々と演奏する。しかも、ほとんどの照明がトリオの後方から当たり、スポットライト的なものもないので、メンバーが相対的に闇に紛れているようになる。ちょっと意外。


そんなトリオの寡黙さとは裏腹?に、会場はのっけから盛り上がっていたなぁ。ま、たしかに”のれる”曲ではあるけど。

ネットにある記事を見ると、


「踊れるジャズ」をアコースティック楽器でプレイするバンド・スタイルは、”アコースティック・エレクトロニカ・トリオ”と世界中で賞賛。
http://amass.jp/104713/


とある。

また、照明というか、ライティングが華やかなのにも、ちょっと驚いた。

曲に合わせて変幻していくライトの群れに、最初こそ「ちょっとうるさいんじゃないの」とも思ったけど、目まぐるしく変調する楽曲にもちゃんと歩調を合わせて変化していたし、トリオのメンバーだけでなく、ライティングのスタッフも連れてきているのか? と思うくらい。


この日、最新作である『ア・ハムドラム・スター』からの曲が多かったように思ったけど、CDで聞くよりもテンポが上がり、特にドラムの手数が多いように感じられた。

ちょうど正面に見えていたのがドラムだったこともあるけど、ドラムの人がとにかくスゴイ。その手数の多さに圧倒される。つっかかっていくような叩き方というのか、リズムの流れを微分して、その間にもスティックを叩いている、とでもいうか。


また、よくあるジャズのピアノ・トリオと比べると、ベースの音が大きく響いていると思う。しかも、よく”歌う”。弓で効果音のような音を出す使い方をよくするし、弦を弾く音とともに、低音でのメロディの響きが耳に印象的だ。


ゴーゴー・ペンギンの曲はどれもそうだけど、トリオ3人が過不足なく前面に出て演奏している。もちろん、ソロをとったりする曲もあるけど、ピアノ、ベース、ドラムが均等に響く。概ね、そういう感じ。また、黙々と演奏を続けるだけなんだけど、見ていて面白い。メンバー3人とも、決してイケメンではないし、格好だってラフでリラックスしているけど、絵になる。


ラスト、鳴り止まない拍手に応えてくれて、2度目のアンコールで1曲演奏してくれた。

ゴーゴー・ペンギンの三人、最後まで淡々と疲れも見せずに演奏するさまは、なかなか強烈な印象。久々のスタンディングで、ちょっと足が疲れたけど、世界はまだまだ広いよなぁ、と、改めて感じさせる一夜であった。


ちなみに以下、ゴーゴー・ペンギンの作曲などに関する興味深いインタビュー記事を見つけたので、メモしておく。

https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/gogo-penguin/1000001425


[PR]
by t-mkM | 2018-10-12 01:07 | Trackback | Comments(0)

最近読んだ本から

まとまった感想を書けていないけど、このところ読んだ本の中から、印象に残ったものを。


『新復興論』小松理虔(ゲンロン叢書、2018)


東浩紀が主宰する株式会社ゲンロンの叢書第一弾。

在住する福島県いわき市小名浜で、震災の復興に関わってきた著者による、400ページにおよぶ著作。「食と復興」「原発と復興」「文化と復興」の三部からなり、それぞれが同分量で展開される。

被災地の現場で活動してきた著者ならではの視点による、興味深い論点や記述にひかれる。とはいえ、研究者による理論を引用するなど、小難しい話しは一切出てこない。あくまでも、現場からのリアルな目線による、いまだからこそ書かれた”批評”で、試行錯誤しながらのエピソードなど、読んでいて面白い。

以下は最後のほうで書かれていた箇所から。


…地域づくりに必要な人を「ヨソモノ・ワカモノ・バカモノ」と言う。この三つを言い換えれば、そのまま「外部・未来・ふまじめ」になる。当然、被災した土地の未来は、そこに暮らす人たちが決めるべきだし、怪しいコンサルの話しを聞く必要もない。しかし、地域の決断は、「今この私」と「外部・未来・ふまじめ」を何度も何度も往復した末にあるべきだ。未来と外部を切り捨ててはならない。なぜなら私たちの地域は「今この私」だけのものではないからだ。これは、小名浜という地域で、地域づくりや食に関わる私の、実践者としての信念でもある。偶然に移り住むかもしれない人たち、震災のことなんて分からない未来の子どもたち、本当は関心を持っていたのに言葉を発するのをためらっていた人たち、そして、膨大な数の死者たち。そのような人たちを切り捨てた復興であってはならないのだ。そう思えばこそ、愛する地元との間に適度な余白ができる。愛するでもなく、すべてを憎むでもなく。まるで観光客のように地域と関わることができると思う。
(p382-383)


『うどん キツネつきの』高山羽根子(創元SF文庫、2016)


最新作である『オブジェクタム』が、なんだかよくわからないけどちょっと面白くはあったので、以前の作品にも手を出してみた。

5つの短篇が収録され、タイトルにもなった短篇で創元SF短篇賞佳作を受賞した、とある。受賞作が最初に収録されているけど、後になるほど物語の世界観が広がっていくようで、「おやすみラジオ」「巨きなものの還る場所」といった作品のほうが、より印象に残ったかな。

これがSFか? 読みながらそういう思いがよぎるが、読み終わると「ほー、まさしくSF」という感じ。


『地球星人』村田沙耶香(新潮社、2018)


『コンビニ人間』で芥川賞を受賞した著者の、受賞後2年ぶりの長篇。

アマゾンなどには「衝撃のラスト」なんて書かれてるけど、まあ、そんな煽りは脇において読むのがいいのではないか。

『コンビニ人間』ほどにはリアル感があるわけではなく、ストーリー展開も「果たしてどこに行くのやら」と思わせられながらの読書ではあったけど、たしかに「えっ!?」という驚きの結末には、「ここまで行っちゃうのか」という感もある。主人公たちとその周囲の人物たちとの間には、はじめから虚実の被膜みたいなものがある。ただ、話が進むにつれて、その”膜”がしだいに曖昧になってきて、ラストに向けて虚と実が浸透しあうかのようにたたみかけてくる、そのあたりがなんとも言えずにムズムズするような感じ。

なんというか、アプローチの方向が異なればSFということにもなりえるんだろうけど、それにしてもこの先、どこに行くのか? どこまでを描くのか? ちょっと注目である。



[PR]
by t-mkM | 2018-10-05 01:27 | Trackback | Comments(0)